埼玉B級グルメグランプリ優勝の北本トマトカレー
埼玉B級グルメグランプリ優勝の北本トマトカレー
北本トマトカレー

北本トマトカレーふるさと納税の特典に
埼玉県知事と北本トマトカレー



埼玉県内の高速道路PA・SAにて
絶賛販売中!!


★ 圏央道 菖蒲パーキングエリアの様子 ★

『マツコの知らない世界』にご出演された、
"カレー研究家"一条もんこさん
ブログにもご紹介頂きました!!!

埼玉B級グルメグランプリ優勝の北本トマトカレー

埼玉B級グルメグランプリ優勝の北本トマトカレー


北本トマトカレーふるさと納税の特典に

北本トマトカレーふるさと納税の特典に

北本トマトカレーとは

北本トマトの歴史

埼玉県北足立郡石戸村(現北本市)でトマト栽培が始まったのは、大正14年(1925)です。当初の栽培はトマトの種子をアメリカに輸出する目的で行われ、その後村で果肉利用が計画されるなか、昭和2年(1927)『トマトクリーム』が開発されました。

トマトクリームは国産初の無着色ピューレといわれ、そのため各地から視察が相次ぎ、さらに精養軒、千疋屋、帝国ホテルなどの食品部からも高評価を得ました。

生で食べる選果されたトマトの出荷も行われ、「石戸トマト」のラベルが印刷された薄紙に一個ずつ包まれ、収穫期の7月〜9月に東京の神田市場で取引がされていました。石戸トマトやトマトクリームは戦争中に生産を中止しましたが、昭和の一時期は全国的な名声がありました。

戦後、トマト生産も再開され、「北本トマト」は北本市のブランド農産物になりました。そんな北本市自慢のトマトを贅沢に使ったご当地グルメが「北本トマトカレー」なのです。2014年には全国ご当地カレーグランプリで優勝し、日本一と評価された「北本トマトカレー」をぜひご家庭でご賞味下さい。

北本トマトカレーの定義
★8月21日は、北本トマトカレーの日★

"北本トマトカレー"は、2011年開催の「きたもとご当地グルメ開発コンテスト」で誕生しました。
北本トマトカレーの誕生と数々カレーグランプリの受賞を記念して、
グルメコンテストが開催された、 8月21日を「北本トマトカレーの日」として制定しました!

北本トマトカレーレトルト

グランプリ優勝の北本トマトカレー




北本トマトカレー 5箱セット





北本市観光協会公認

全国ご当地カレーグランプリ優勝!
北本トマトカレー 1箱 200g(1人前)
2箱までメール便


価格 540円 (税込)

3箱以上の送料 864円 (税込)
【配送方法について】
2箱まではメール便発送 送料/410円(税込)いたします。
メール便は、代引&日時指定NGです。
正しいご請求金額は後ほどご案内いたします。
数量 
商品名 北本トマトカレー(レトルト)
名称 カレー
内容量 200グラム
原材料名 野菜(トマト、たまねぎ、にんじん、にんにく)、豚肉、豚脂、ミルポワ、小麦粉、香辛料、菜種油、ビーフエキス、砂糖、粒状植物性たん白、 ウスターソース、食塩、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、(原材料の一部に乳成分、大豆、りんごを含む)
殺菌方法 気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
保存方法 高温多湿、直射日光を避け、常温で保存
賞味期限 製造後2年(未開封)
生産国 日本
お召し上がり方 お湯で温める場合:中袋(レトルトパウチ)の封を切らずに、熱湯の中に入れ、5〜7分沸騰させて温めます。

電子レンジで温める場合:中袋(レトルトパウチ)を開封し、深めの容器に移し、ラップをかけて温めます。
(目安時間:500wの場合 約2分)

※中袋のまま電子レンジに入れないでください。
※ご飯は別途ご用意ください。

◎原料「トマト」のうち、「北本市産トマト」を28%使用しています。


1食分(200g)当たりの栄養成分
エネルギー 214kcal
たんぱく質 11.6g
脂質 10.6g
炭水化物 18.0g
食塩相当 2.4g



グランプリ優勝の北本トマトカレー


「北本トマトカレー」を御社で販売してみませんか?販売代理店募集中です。
お問い合わせ:0120-750-433 担当 宮内まで(休業日:土・日・祝日)

◎当店は北本市観光協会と提携している「北本トマトカレー」総販売代理店です。

インフォメーション